Apple Pay(アップルペイ)のSuicaの始め方・使い方

電子マネー

Apple PayのSuicaの登録方法、チャージ方法、使い方などiPhoneでSuicaを使うための方法について徹底解説します。

・Apple PayのSuica→iPhoneで使えるSuica
・モバイルSuica→Androidで使えるSuica

モバイルSuicaはアンドロイド端末で使えるSuicaのことを言うようですが、Apple PayのSuicaのこともモバイルSuicaと言う人も多いです。本記事でもApple PayのSuicaのことをモバイルSuicaと表現している部分もあります。

Apple PayのSuicaのメリット

ICカードタイプのSuicaカードも便利ですが、Apple PayのSuicaやモバイルSuicaであればスマホだけで電車に乗れたり、買い物ができてしまいます。

モバイルSuica/Apple PayのSuicaのメリット
  • スマホをかざすだけで支払いができるので楽!
  • ポイントがたくさんたまる
  • チャージがいつでもどこでもできる
  • 残高や履歴をいつでも確認できる

カードを定期入れやお財布から取り出すのに比べると、スマホを『ピッ』とかざすだけでよい圧倒的に使い勝手がよいです。

モバイルSuica/Apple PayのSuicaは便利なだけではなく、ICカードタイプのSuicaよりもポイントがたくさんたまります

Suicaカードでできる機能はすべてモバイルSuicaにも備わっています。モバイルSuicaで唯一できないのは、駅の券売機でのチャージです(一部のチャージ専用機ではできます)。

Apple PayのSuica 始め方(iPhoneの設定方法)

以前はビューカード保有者以外がモバイルSuicaを利用するには年会費1,050円がかかっていましたが、2020年2月よりすべての人が年会費無料になりました。

Apple PayのSuica対応端末
  • 最新バージョンの iOS を搭載した iPhone 8/iPhone 8 Plus 以降
  • 最新バージョンの watchOS を搭載した Apple Watch Series 3 以降

 よほど古いiPhoneでなければ使えます!

iPhoneでSuicaをはじめるには以下2通りの方法があります。

  1. SuicaアプリでSuicaを新規発行する
  2. ウォレットアプリから新規発行 or 手持ちのSuicaカードを取り込む

ウォレットアプリから登録するほうが簡単ですが、Suicaアプリのほうができることが多く、JREポイントを貯めることもできるのでSuicaアプリをインストールするやり方がおすすめです。

Walletアプリから登録しても、Suicaアプリをダウンロードして会員登録することでSuicaアプリの機能・サービスを利用することができます。SuicaアプリとWalletアプリのSuicaは共有されます。

SuicaアプリでSuicaを新規発行

Suicaアプリで新規発行する手順としては、以下の流れとなります。指示に従って進んでいけば簡単にできます。

  1. App StoreでSuicaアプリをダウンロード
  2. Suicaアプリケーションを起動
  3. [Suica発行]をタップ
  4. [My Suica(記名式)/Suica定期券/Suica(無記名)]の中から選択の上[発行手続き]をタップ  
  5. 「ようこそ」と表示されている画面で規約/特約を確認し[会員登録]をタップ
  6. 会員登録画面で登録するメールアドレスを入力し[次へ]をタップ
  7. 手順6.で入力のメールアドレスにて受信したメールに記載の「確認コード」を入力し[次へ]をタップ
  8. 会員登録画面で必要事項を全て入力し[次へ]をタップ
  9. 手順8.でクレジットカード情報を入力した場合、クレジットカードのセキュリティコードを入力し[次へ]をタップ
  10. SFチャージ画面でチャージ金額を選択し、支払い方法[クレジット/Apple Pay]のいずれかをタップ
  11. 「Apple Payにカードを追加」の画面にて追加するデバイスを選択し「カードを追加」画面で[次へ]をタップ。
  12. 「カードを追加」画面で[完了]をタップ

    ※2枚目以降のSuicaを発行する場合は、Suicaアプリ起動後、右上の+ボタンをタップし、手順4.以降の手続きにて発行

    引用元:SuicaアプリケーションでSuicaを新規発行したい

記名式と無記名式がありますが、記名式のほうがメリット(紛失時の利用停止・再発行が可能、JRE POINTの還元を受けられる)が大きいので記名式がおすすめです。

Suicaアプリに登録できるクレジットカードは、本人認証サービス(3Dセキュア2.0)対応のカードのみとなります。au PAYカードなど3Dセキュア1.0のカードは登録できません。

会員登録した本人名義のクレジットカードしか登録できません。親の名前で会員登録して、親のクレジットカードを使うことはNGです。

Apple Pay経由だと3Dセキュア2.0非対応のカードでもチャージ可能です。

WalletアプリでSuicaカードの取り込み

Apple Payに取り込み可能なSuicaカードは、大人用の一般的なSuicaカード(本人名義または無記名)のみです。残高ごとウォレットに転送できます。
参考ページ:Apple Payに取り込み可能なSuicaカードを知りたい。

▼やり方はYoutubeで確認できます(音がでます!)

Apple Pay — Suicaカードを追加する方法 — Apple
あなたがいつも手放さないiPhoneにSuicaを載せましょう。Apple PayへのSuicaカードの追加は、シンプルなステップで完了します。Apple Payなら、キャッシュレスがここまで簡単に。詳しくは:

Apple Payに取り込んだ後のSuicaカードは利用不可となります。Suicaカードの預り金(デポジット)500円は、Apple PayのSuicaへSF(電子マネー)として加算されます。

チャージ(入金)方法

発行済みのモバイルSuicaへのチャージ方法としては以下のやり方があります。

  • 現金(コンビニなどのレジ、セブン銀行ATM、駅のチャージ専用機)
  • Suicaアプリに登録したクレジットカード
  • Apple Payに登録したクレジットカード
  • オートチャージ(ビューカードのみ)
  • JRE POINT

チャージ上限は2万円です(カードタイプと同じ)。

新規発行時はクレカ/Apple Pay または Suicaカードが必要

登録後のチャージは現金でも可能ですが、新規発行の際にはクレジットカードまたはApple Payに登録したカードからのチャージが必要となります。

それ以外の方法としては、大人用Suicaカードを取り込んで残高を移行する形でチャージする必要があります。新規発行時には現金チャージはできません

クレジットカードはオンライン本人認証サービス(3Dセキュア2.0)に対応したカードのみが登録できます。ただし、「Apple Pay」や「Google Pay」経由のチャージであれば3Dセキュア非対応のカードからでもチャージが可能です。

【参考】:よくある質問:クレジットカード登録時に「本人認証(3Dセキュア)」を求められました。

クレジットカードのチャージで注意すべき点は、多くのカード(楽天カードやau Payカードなど)がSuicaへのチャージはポイント付与対象外となる点です。

Suicaへのチャージでポイントが付与されるカードは10種類程度のみです。その中でももっと還元率が高いのが、JR東日本発行のビューカードで、モバイルSuicaへのチャージで1.5%還元となります。

クレジットカードから直接のチャージで1.5%もの高還元となるのはビューカードのみです。

Apple PayのSuica 使い方(駅改札機やお店)

モバイルSuicaにチャージして使える状態にしておけば、スマホをかざすだけで使えます。決済スピードがとても速いので全くストレスを感じることなく利用できます。

エクスプレスカード設定

iPhoneではエクスプレスカードに設定しておけば、スマホのスリープやロックを解除しなくても、Face ID、Touch ID、パスコードでの認証なしで使えます。

「設定」→「ウォレットとApple Pay」→「エクスプレスカード」から設定できます。エクスプレスカードに設定できるのはSuicaとPASMOで、一度に設定できるのは1枚のみです。

iPhone XS以降の機種には「予備電力機能付きエクスプレスカード」機能があるため、iPhoneのバッテリー残量がなくなりiOSが動作していない状態でも決済することができます

スマっ子
スマっ子

駅の改札を通るときに認証なしで使えるのは便利ですね。

iPhoneの電源がOFF又は完全に消耗された状態では利用できません!
参考URL:iPhoneの電源が切れていてもSuicaは使えますか?

PayPayなどのようにアプリを起動させて画面を店員さんに見せる必要はありません。スマホをかざすだけでOKです。

画面の状態はロック状態やスリープ状態でも、何かのアプリを開いている状態でも、通話している状態でもどのような状態でも大丈夫です。

お店で使用するときは「Suicaで!」と店員さんに伝えてからリーダーにかざします。

スマっ子
スマっ子

使い方はSuicaカードと全く同じです。

決済が完了すると「ピッツ」という決済音が鳴り、スマホ画面には「完了」と表示されます。

動画で解説&実演

Apple PayのSuicaの始め方(新規発行~チャージ~実際に利用している様子)を動画で紹介しています。

Apple PayのSuicaが反応しない場合の対処法

エクスプレスカード設定などが正しくできているのに、モバイルSuicaが反応しないというときは以下のいずれかの原因のことが多いです。

  • スマホをかざす位置が正しくない
  • 認証に失敗した後に使用している

まずはiPhoneをタッチする位置。センサーはiPhoneの上部にあるので、iPhoneの中心部をタッチしても反応しません。かざす位置については以下の動画を参考にしてください。

次に考えられるのは認証に複数回失敗した後に発生するケースです。私も改札で反応しなくて焦ったことが過去に1度あります。モバイルSuicaアプリのお知らせに届いた以下のメッセージで原因がわかりました。

認証に複数回失敗するとエクスプレスカード設定が一時的に無効化されて反応しなくなるとのこと。この場合、パスコードを入力することにより回復します。

駅でどうしても反応しない場合には、駅の係員に言えば処理してもらえます。

JRE POINTの登録で乗車でポイント2%!

クレジットカードからのチャージでたまるポイントとは別に、Suicaの利用でもポイント(JRE POINT)がたまります。

注意点としては、Suicaを使うだけではポイントはたまりません。ポイントをためるにはJRE POINT WEBサイトでSuicaを登録する必要があります。登録してSuicaと関連付けてしまえば、あとは使うだけでポイントがたまるので、Suicaユーザーは必ず登録しておきましょう!

無記名のSuicaはJRE POINT WEBサイトに登録できないため、ポイントを貯めることはできません。

>>JREポイント公式サイト

乗車ポイント

Suicaを使ってJR東日本の在来線に乗ると乗車ポイント(JRE POINT)がたまります。

ICカードタイプのSuicaだと0.5%(200円ごとに1P)のポイントしか貯まりませんが、モバイルSuicaだと2%(200円ごとに50P)のJRE POINTが貯まります。

スマっ子
スマっ子

モバイルSuicaのほうが4倍も多くポイントがたまります!

駅ナカや提携店でのSuica利用

JR東日本グループの駅ナカのお店やイトーヨーカドー・デニーズなど街のお店でのSuica利用でも0.5%~1%(100円 or 200円で1P)のJREポイントがたまります!

>>Suica利用でポイントがたまるお店

コメント

タイトルとURLをコピーしました