au PAYのSuicaの登録~使い方を徹底解説

電子マネー

2022年3月22日からau PAY アプリ (Android版) とモバイルSuicaの連携がスタートしました。これにより、au PAYからSuicaの新規発行・チャージができるようになりました。au PAYからSuicaへのチャージではPontaポイントがたまります。

au PAYのSuicaを新規発行→チャージ→改札やお店で使用する様子は動画で実演しています。

au PAYのSuicaで出来ること

  • Suicaの新規発行/モバイルSuicaとの連携
  • Suicaのチャージ
  • Suica残高と利用履歴の確認

モバイルSuicaアプリをダウンロードしなくて、「au PAYアプリ」と「おサイフケータイアプリ」があればSuicaを発行できます!

対応機種: Android6.0以上で「おサイフケータイ (R)」機能搭載のAndroid端末
iPhoneには対応していません

auPAYは同一のauIDで複数端末に入れて使うことができるので、iPhoneとAndroidの2台にauPAYを入れることができます。私は普段はiPhoneでauPAYを使っていますが、今回auPAYのSuicaを使うためにAndoidにも入れました。

クレジットカードチャージ、定期券の購入、購入済み定期券の表示、Suicaグリーン券の購入、JRE POINT・Suicaポケットの受取り、ネット決済、ネット決済、チャージ払いもどし・退会についてはau PAYのSuicaではできません。こららをやるためにはモバイルSuicaアプリが必要です。

>>au PAYのSuica 特設ページ

登録方法

auPAYアプリを起動するとau PAYのバーコードの後ろにSuicaがあるので、Suicaをタップします。
※au PAYアプリを使っていない人はダウンロードしてください
※au PAYアプリにSuicaが出てこない場合はアプリを更新してください

モバイルSuicaを既に利用している場合は、「規約に同意して登録する」をタップするだけでau PAYアプリとの連携ができ、au PAYのSuicaを使えるようになります。1分もかからずにできてとても簡単です!

モバイルSuicaを利用していない場合は、新規発行となり、会員登録する必要がありますが、2、3分もあれば完了します。

新規発行する様子は動画で実演していますので、参考にしてください。

チャージ方法

au PAY残高からSuicaへチャージすることができます。
※クレジットカードから直接au PAYのSuicaへはチャージできません

au PAYアプリ上の「au PAYからチャージ」のボタンをタップして、チャージする金額を入力して「チャージする」をタップするとすぐにチャージができます。

最低チャージ金額は1,000円です。

入金(チャージ)上限額は、Suica残高とあわせて20,000円です。

ポイント還元(2重取りができる!)

SuicaへのチャージでPontaポイントがたまる

au PAY残高からSuicaへのチャージ200円ごとに1ポイントのPontaポイントが付与されます(還元率0.5%)。

チャージしてから実際にポイントが付与されるまでには約10日かかります。

3/22にチャージして、3/31にポイント付与されました

Apple Payでもau PAYからau Payプリペイドカード経由でSuicaへのチャージはできますが、ポイント付与対象外のため、ポイントはつきません。ポイントを付ける場合は、『au Payプリペイドカード→Mixi M/Revolut→Suica』のように間にプリペイドカードをはさむ必要があります。

Suicaでの直接チャージでPontaポイントがたまるのはau PAYのSuicaの大きなメリットです。

Pontaポイントはau PAYのSuicaにチャージ可能

PontaポイントをSuicaへ直接チャージすることはできませんが、間接的にau PAYのSuicaへチャージすることができます。

Pontaポイントは、au PAYアプリ上でau PAY残高にポイントチャージできます(1ポイント1円として100ポイント単位で)。ポイントチャージしたau PAY残高をau PAYのSuicaへチャージするという流れです。

Pontaポイント → au PAY残高 → au PAYのSuica

Pontaポイントの使い道がわからないという方は、この方法でSuicaへチャージすればポイントを無駄なく消費できます。

クレカからau PAY残高へのチャージでもポイントがたまる

au PAYのSuicaへクレジットカードから直接チャージすることはできません。チャージはau PAY残高から行います。クレジットカードからau PAYへチャージをすればクレジットカードのポイントがたまります。

スマっ子
スマっ子

多くのクレジットカードはSuicaへのチャージではポイントがつかないので、au PAYを使ってチャージすることでポイントがたまるの嬉しいですね!

au PAY残高へのチャージとau PAYからSuicaへのチャージでポイント2重取りができます。

au PAY残高へチャージできるクレジットカード

3Dセキュア対応のマスターカード・アメックスブランドカードは全てau Payへチャージ可能です。VISA・JCBブランドカードはチャージできるカードが限定されます。

引用元:au PAY残高へのチャージ

au PAY残高へのチャージで最もポイントがたまるのはau PAYゴールカードです。au PAYゴールドカードからau PAY残高へチャージすると2%のポイントがたまります。

例1:au PAYゴールカード →(2%)→ au PAY残高→(0.5%)→ Suica ➡ 合計2.5%

>>au PAYゴールドカード

スマっ子
スマっ子

au PAYゴールカードは年会費が11,000円かかるので、一般の人にはハードルが高いですね。auのサービスを多く使っている人にメリットのあるカードです。

多くの人が保有している『楽天カード』や『au PAYカード』からもau PAY残高へチャージが可能で、いずれも1%のポイントがたまります。
※楽天カードでのチャージ2022年7月1日からポイント対象外となります

例2:auPAYカードなど →(1%)→ au PAY残高 →(0.5%)→ Suica ➡ 合計1.5%

1%還元のクレジットカードからチャージすれば、合計1.5%還元になります。これはビューカードからモバイルSuicaへチャージするときの還元率と同じです。

スマっ子
スマっ子

ビューカードを持っていなくてもSuicaチャージで還元率1.5%とはスゴイです!

お店や駅改札での使い方

使い方はモバイルSuicaと全く同じです。駅の改札、バス、交通系電子マネーが使えるお店でスマホをかざすだけで利用できます。

上記マークのある鉄道・バス・店舗で利用できます

▼駅で使う場合
駅の自動改札機にau PAYのSuicaが入ったスマホをかざすことでSuicaを利用できます

▼お店で使う場合
会計時にレジの人に「Suicaで!」と伝えます。

セルフレジやセミセルフレジの場合は、「交通系電子マネー」を選択して、端末にかざします。
※動画で実演してるので参考にしてください

スマホをかざして「ピピッ」っと鳴ったら支払い完了です。

使う際にスマホ画面をONにしたり、アプリの起動は必要はありません。ロック画面でかざしても大丈夫です。スマホカバーを付けていても問題ありません。

動画で解説&実演

au PayのSuicaの説明・新規発行~チャージ~コンビニと駅での利用の様子などを動画で紹介しています。途中で雑音が入り聞き取りにくい点はご了承ください。

質問や感想はコメント欄(このブログでもYouTubeでも)に書いていただければ答えられる範囲で回答します。

モバイルSuicaや楽天ペイのSuicaとの比較(ポイント還元など)

Android端末で使えるSuicaには「au PAYのSuica」以外にも「モバイルSuica」「楽天ペイのSuica」があります。

  • モバイルSuica
  • 楽天ペイのSuica
  • auPAYのSuica

1つの端末に「モバイルSuica」「au PAYのSuica」「楽天ペイのSuica」の3つをすべていれた場合、残高は共有されます。3つとも同じSuica番号です。1つのSuicaを3つのアプリで使っているわけです。

スマっ子
スマっ子

例えば、最初にauPAYのSuicaを発行して、あとからモバイルSuicaを入れた場合、2つのSuicaは同じものです。なので、複数のSuicaを入れても管理が面倒になることはありません。

要はチャージ方法とそれに伴うポイント付与が異なるだけで、使われるのはすべて同じSuicaということです。

3つのSuicaを比較するとこんな感じです。

チャージ方法ポイント還元Suica利用
(JREポイント
モバイルSuicaクレジットカード、現金、JREポイント
(登録時にはクレジットカードが必要)
ビューカードからチャージの場合1.5%還元(JREポイント)・JR東日本の在来線に乗ると50円ごとに1ポイント(2%還元)
・JR東日本のお店やイトーヨーカドーなどで100円または200円ごとに1ポイント(0.5~1%還元)
楽天ペイのSuica楽天カードまたは楽天通常ポイント楽天カードでのチャージで0.5%還元(楽天ポイント)上と同じ
au PAYのSuica・au PAY残高へのチャージ方法はクレカ、銀行口座、現金、ポイントetc

・SuicaへのチャージはauPAY残高、現金
ポイント2重取りが可能
①クレカからau PAY残高へのチャージでクレカのポイントが還元
②au PAY残高からSuicaへチャージで0.5%還元(Pontaポイント)

例)1%還元のクレカの場合、合計1.5%還元(1%+0.5%)
上と同じ

楽天ペイのSuicaはチャージ方法も限定され、ポイント還元率も0.5%と低いので他の2つに比べてメリットは感じません。

モバイルSuicaとau PAYのSuicaはどちらも魅力的です。au Payを使っていなくて、ビューカードを持っている人であれば、モバイルSuicaを使うのがベストでしょう。

ビューカードは唯一オートチャージができるカードです。オートチャージをしたければビューカード一択となります。

クレジットカードを持っていなくてモバイルSuicaの登録ができないという人はau PAYのSuicaがおすすめです。au PAY残高があればSuicaへのチャージができます。

あとはポイント還元率ですね。モバイルSuicaはビューカードからのチャージで1.5%還元(JRE POINT)となります。au PAYのSuicaでは『クレカのポイント+Pontaポイント』がダブルでたまり、1%還元のクレカの場合、合計1.5%還元となります。

JREポイントを貯めている人はモバイルSuica、Pontaポイントを貯めている人はau PAYのSuicaでチャージするのがよいのではないかと思います。

コメント 初めてのコメントは承認後に表示されます

タイトルとURLをコピーしました