Apple Payの始め方・使い方を徹底解説

電子マネー

Apple Pay(アップルペイ)を利用すればリアルカードがなくても決済ができるのでとても便利です。本記事ではApple Payの始め方~使い方まで初心者の方でもわかるように解説します。

クレジットカード以外にもプリペイドカードや銀行のデビットカード、Suicaカードも登録できるので、クレジットカードを持っていないという方でも利用可能です。

>>Apple Pay(apple公式サイト)

Apple Payで何ができるの?メリットは?

Apple Payにはクレジットカード/デビットカード/プリペイドカード、Suica/PASMO、WAON、nanaco、一部のポイントカード(Pontaポイントカード、dポイントカード)が登録できます。

クレジットカード/デビットカード/プリペイドカードの中にはApple Payに対応していないものもありますが、多くのカードが対応しています。

Apple Payで出来ること
  • クレジットカードを登録すればiPhoneでかざすだけで支払いができる
  • Suica/PASMOを登録すればiPhoneだけで電車に乗ったり、買い物ができる
  • ポイント還元率はリアルカードを利用したときと同じ or それ以上
  • セキュリティー面はリアルカードで支払うよりも安全
  • 「Visaタッチ」「MasterCardコンタクトレス」などは海外でも利用できる

Apple Payで支払う時はスマホをかざすだけです。財布からカードを取り出したり、カードを端末に差し込んだりする手間もなく、スムーズに支払いができます。

Apple Payには1つのiPhoneに最大12枚までのカードを登録することができるので、財布にカードをたくさん入れて持ち運ぶ必要がなくなり、財布の中身を減らすことができます。

PayPayなどのコード決済はデータ通信を必要としますが、Apple Payはデータ通信を必要としません(オフラインで使えます)。

クレジットカード/デビットカード/プリペイドカードのポイントはリアルカードを利用したときと同じようにたまります。一部のカード派リアルカードで支払うよりもApple Payで支払ったほうが還元率が高くなります。詳しくは後述します

スマホにカード情報を入れるのはセキュリティが心配と思うかもしれませんが、逆です。Apple Pay はセキュリティとプライバシーを考慮して設計されているので、プラスチックのカードで支払うよりも安全です(Apple公式サイトより)。

Apple Payはとても便利なので、使う理由がわからないという人もとりあえず設定だけして使える状態にしておくことをおすすめします。クレジットカードを登録するのは本当に簡単で2、3分あればできててしまいます。

また、Apple Payを使うことで還元が受けられるなどお得なキャンペーンが定期的に開催されています。

2021年5月にApple PayがVisaブランドでのタッチ決済に対応したことでVisaタッチのキャンペーンが増えています。

  • 三井住友カード:Visaのタッチ決済をApple Payで利用すれば、最大1000円分のVポイントギフトをプレゼント(参考:参考ページ
  • エポスカード:Visaのタッチ決済をApple PayもしくはGoogle Payで利用するともれなく10%ポイント還元(参考:参考ページ
  • マクドナルドでVisaのApple Payを使うと20%キャッシュバック(参考ページ
  • Apple Payのnanacoを始めた方限定500ポイントプレゼント(参考ページ
  • Apple PayのPASMOで1,000円分キャッシュバック(参考ページ

Apple Payの始め方

Apple Payを使うためにアプリを追加する必要はありません。iPhoneに標準でついているWalletアプリだけでできます

iPhoneの対応機種

日本国内でApple Payを使うにはiPhone 8以降またはApple Watch Series 3以降が必要です。

日本国内で購入したiPhone 7、iPhone 7 PlusまたはApple Watch Series 2も利用できます。

参考:Apple Pay に対応しているデバイス(Apple Pay公式サイト)

クレジットカードの登録方法

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードをApple Payに登録する手順です。

1.Walletアプリを起動して、右上の「+」をタップします
2.「クレジットカードなど」などをタップします
3.「続ける」をタップして、カードを追加します
カードを追加するにはiPhoneのカメラでカード番号を読み取るか、「カード情報を手動で入力」から名前とカード番号を入力します。

Apple Payに対応していないカードの場合は、ここで対応していない旨の表示がされます。対応していないカードはApple Payには登録できません。

参考:Apple Pay に対応している銀行とカード発行元(アップル公式サイト)

4.右上の「次へ」をタップして有効期限とセキュリティコードを入力します

あとは規約に同意し、画面の指示に従って進めていきます。クルクル回って、少し待つと「カードの追加」と表示されます。これでApple Payにカードが追加されました。

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードをApple Payに登録するとiD(アイディー)」または「QUICPay(クイックペイ)」のどちらかに割り当てられ、電子マネーとして利用できます。iDとQUICPayのどちらになるかは、Apple Payに設定するカードブランドによって異なります。

上記画像左の「Visa LINE Payプリペイドカード」にはiDが表示され、右の「auPAYプリペイドカード」にはQUICPay+が表示されています。

「QUICPay+(クイックペイプラス)」は、QUICPayをより便利に使いやすくした支払い方法です。高額のお買い物や、クレジットカードに加えてデビットカード・プリペイドカードでも利用できます。

詳細はQUICPayの公式サイトで確認できます。

iDもクイックペイもどちらも電子マネーです。支払うときに「iDで」または「クイックペイで」と伝えます。支払い方法の詳細については後述します。

クイックペイは全国173万カ所以上、iDは全国175万カ所以上のお店で利用可能です。クイックペイとiDの両方が使えるお店もあれば、どちらか一方だけに対応しているお店もあります。大手の飲食店、コンビニ、スーパーではたいていは両方とも使えます。

Apple Payに複数のクレジットカードを登録しておいて、QUICPayとiDの両方を使えるようにしておくと便利です。

>>QUICPayの使えるお店
>>iDの使えるお店

交通系ICカード(Suica、PASMO)の登録方法

Apple PayのSuicaの始め方・使い方については下記記事で詳しく紹介しています。PASMOもやりかたはほぼ同じです。

Apple PayのSuica(モバイルSuica) 始め方・使い方
Apple Pay(アップルペイ)のSuicaの登録方法、チャージ方法、使い方などiPhoneでSuicaを使うための方法について徹底解説します。本記事の内容は動画でも解説しています。初心者の方は動画をみたほうがわかりやすいと思い...

電子マネー(WAON、nanaco)の登録方法

Apple Payのnanaco/WAONの始め方・使い方については下記記事で詳しく紹介しています。

Apple Payのnanacoの使い方(設定・チャージ・支払い)を徹底解説
2021年10月21日からiPhoneのApple Payでnanacoが利用できるようになりました。iPhoneでnanacoを使うための設定、チャージ方法、支払い方法を初心者でもわかるように解説します。本記事の内容はYouTu...
Apple Pay「WAON」の使い方(設定・チャージ・支払い方法)を徹底解説
2021年10月21日からiPhoneでWAONが利用できるようになりました。iPhoneでWAONを使うための設定、チャージ方法、支払い方法を初心者でもわかるように解説します。本記事の内容はYouTube動画でもみれます。「動画...

「QUICPay・iD」と「タッチ決済・コンタクトレス決済」

クレジットカードをApple Payに登録すると、「iD(アイディー)」または「QUICPay(クイックペイ)」のどちらかが必ず割り当てられて表示されます(前述)。

クレジットカードをApple Payに登録すると、iDまたはQUICPayの他にJCB、Mastercardなどクレジットカードの国際ブランドマークも表示されます(※注)。これはiDまたはQUICPayの他に、クレジットカードのタッチ決済もできることを意味します。

※注)Mastercard、JCB、American ExpressブランドのカードはApple Payに登録すると国際ブランドのマークがApple Pay上に表示され、Apple Payでタッチ決済が可能となります。しかし、Visaブランドに関してはApple Payに登録してもVisaマークが表示されないカードもあり、その場合はVisaのタッチ決済が出来ないことを意味します。

下記の画像はApple Payに登録したクレジットカードですが、左は「iDとVISA」右は「iDとMastercard」が表示されています。

左のカードは「iDとVISAのタッチ決済」が使えます。右のカードは「iDとMastercardのタッチ決済」が使えます。

非接触決済の呼び方

非接触決済の呼び方は国際ブランドによって異なります。

国際ブランド非接触決済の呼び方
VisaVisaのタッチ決済
MastercardMastercardコンタクトレス
JCBJCBのタッチ決済
American Expressタッチ決済(コンタクトレス決済)

本記事ではすべてのブランドの非接触決済を「タッチ決済」と表記します。

iDまたはVISAのタッチ決済」が使える場合は、iDまたはVISAタッチの好きなほうで支払えばよいです。iD決済ができるお店はVisaタッチ決済にも対応していることが多いです。

※iD・クイックペイは日本でしか使えないので、海外ではクレジットカード(Visaなど)のタッチ決済を使います

店頭にある『利用可能な決済方法の種類を表す画像(アクセプタンスマーク)』でどの決済方法が使えるのか確認できます。

上記はすべてのクレジットカードブランドのタッチ決済およびQUICPay/iDに対応しています。

Apple Payの使い方(支払いの動画あり)

実店舗で使う

Apple Payはコンビニ、スーパー、ドラッグストアなどさまざまな場所で使うことができます。

1.支払い方法を伝える
コンビニなどの店舗でApple Payで支払う場合には「iDで」または「クイックペイで」など支払い方法を店員に伝えます(セルフレジの場合は選択します)

VISAタッチ決済やMastercardコンタクトレス決済をする場合は、「クレジットカードで」または「クレジットカードのタッチ決済で」と言うのが伝わりやすいです。

「ApplePayで」と言ってもダメです。
※ローソンでは「Apple Payで」という支払い方法がありますが、ややこしくなるのでここでは省略します

(コンビニやスーパーなどで)客が支払い方法を選択するセルフレジでは「クレジットカード」を選びます。

2.カードを表示させる
iPhoneのサイドボタンをダブルクリックして、Apple Payを呼び出し(Walletアプリ起動)、支払うカードを表示させ、顔認証をして『リーダーにかざしてください』と表示される状態にします

※Apple Payの呼び出しはロック状態でもできます
※メインカードに設定されているカードが一番上に表示されます
※Touch IDの機種は指紋認証します(ホームボタンをダブルクリックし、指を載せたままリーダーにかざす )

画面を見て、顔認証をする
この状態でお店の端末にかざす

Touch IDまたはFace IDの認証に失敗すると「パスコードで支払う」と表示されます。設定したパスコードでも支払うことができます。

3.iPhoneの上部をお店のリーダーにかざす
決済音が鳴れば支払い完了です!

NFC(Felica)の読み取りセンサーはiPhoneの上部(カメラの近く)に内蔵されているので、iPhoneの先端部分をお店のリーダーにかざします。iPhoneをリーダーにピッタリとくっつける必要はありません。リーダーから2cm程度離れていても反応します。

かざしたのに反応がない場合は、かざす位置が間違っていることが多いです。

▼iDで支払っている動画です

▶を押すと再生されます

▼QUICPayで支払っている動画です

▶を押すと再生されます

▼【有人レジ】クレジットカードのタッチ決済で支払っている動画です
Mastercardのコンタクトレス決済(タッチ決済)で支払っています。
マクドナルドでは「クレジットカードで!」で伝わります。

▶を押すと再生されます

▼【セルフレジ】クレジットカードのタッチ決済で支払っている動画です
VISAのタッチ決済で支払っています。

支払い方法によって決済音は異なります。クイックペイは「クイックペイ♪」、iDは「タントン♪」という決済音がします。いろいろな決済音を集めた動画を作りましたので聞いてみてください!

この動画のコメント欄によるとiDの決済音が人気があるようです。

WEBサイトやアプリで使う

ウェブサイトやアプリで決済をするときにもApple Payが使えます。Apple Payを使うことで、カード番号を入力したり登録したりしなくて済むのでセキュリティ面でもより安全に利用できます。

ウーバーイーツ、出前館、コークオン、じゃらん、ヤマダウェブコム、マクドナルド(モバイルオーダー)などがApple Payでの支払いに対応しています。

Apple Payに対応しているWEBサイトでは決済画面にApple Payボタンが表示されます。Apple Payを選択し、その後Face IDまたはTouch IDで認証します。 認証が承認されれば決済完了です。

Apple Pay利用で還元率が高くなるカード

多くのクレジットカード/デビットカード/プリペイドカードはリアルカードでもApple Payでもポイント還元率は同じですが、一部のカードはApple Payで支払ったほうがポイント還元率が高くなります。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
プラスチックカードで支払った場合は0.5%還元ですが、Apple Pay、Google PayのQUICPay(クイックペイ)で支払うと2%還元となります。

Visa LINE Payプリペイドカード
Visa LINE Payプリペイドカードは現物カードがないバーチャルカードです。オンライン決済では0.5%還元ですが、Apple Pay、Google PayのiDまたはVisaタッチ決済で利用した場合は2%還元です。

Apple Payで利用すると還元率が下がるカード

ポイントカード一体型カードや提携カードはApple Payで利用するとポイントが付かないものがあるので注意が必要です。例えば、ビックカメラSuicaカードは直接カードで決済すると10%還元ですが、Apple Payだと8%還元となります。JALカードSuicaは直接カードで決済するとJALカード特約店でマイルが2倍となりますが、Apple Payだとこの特典はありません。
参考URL:ビックカメラSuicaカードやJALカードSuicaでApple Payを利用すると、ビックポイントやマイルはどうなりますか?

高額決済には使えないケースもある

利用上限はお店やカードによっても異なるので一概には言えませんが、Apple Payやタッチ決済での支払いには上限が設けられている場合が多いです。

例えば、VISAのタッチ決済は1回の決済で1万円までしか使えないようです。私は1万円を超える決済をVISAタッチでやったことがないので正確なところはわかりませんが、1万円を超えるとエラーになったり、暗証番号の入力を求められるようです。

一方、クイックペイは「QUICPay+」のお店では上限がないのでクレジットカードの利用限度額まで使えます。

VISAのタッチ決済とQUICPay+が使えるカード(エポスカードなど)をApple Payに登録して、1万円以上の買い物をする場合にはVISAタッチではなくQUICPay+で支払うのがスムーズということになります。

Apple Payでの買い物は少額決済が基本と考えて、高額の買い物をする際にはリアルカードを持っているのが安心です。

カードの割引やキャンペーンの対象外になることも

クレジットカードの還元キャンペーンなどでは、Apple Payに登録したカードで支払った場合にはキャンペーンの対象外になることもあります。

例:ルミネカードの場合
ルミネでルミネカードで支払うと買い物が5%オフになりますが、Apple payを利用した場合には5%割引の対象外です。あくまでもルミネカードのリアルカードを使用した場合のみが割引対象となっています。

例:各種キャンペーンの場合
『Apple payでの決済も対象』、『リアルカードでの決済のみが対象』、『クレジットカードのタッチ決済は対象、QUICPayやiDなどは対象外』というようにApple Payの利用が対象になるか否かはキャンペーンによって異なります。

キャンペーンページにApple payでの利用が対象になるかどうかが記載されていることが多いですが、何も書かれていない場合は問い合わせるか、Apple payは使わずにリアルカード決済をするのが無難だと思います。

Apple Payのセキュリティはかなり高い

iPhoneを使っているけどApple Payは使っていないという方は意外と多く、『登録が面倒』という理由の他に『セキュリティが心配でカードを登録するのが怖い』という人も多いようです。

しかし、実際にはApple Payセキュリティはかなり高く、実物のクレジットカードを使うよりも安全だと言われています。

Apple Payで支払いをするには生体認証が必要なので第三者による不正利用を防ぐことができます。また、お店でリアルカードを提示する必要がないのでカード番号が漏れることもありません。

Apple Payに追加されたクレジットカードの番号はデバイスには保存されません。Apple Payにはカード番号の一部とデバイスアカウント番号の一部だけが保存されるので、店舗側にカード番号が漏れる心配もありません。

iPhoneを紛失したときにカードを使われるのが心配?

Apple Payで支払うときには、Face IDTouch IDまたはパスコードによる認証が必要です。そのため、他人が決済しようとしても認証ができずに支払うことはできません。現物のクレジットカードよりもむしろ安全性が高いといえます。

例外として、エクスプレスカードに設定されたSuica/PASMOは認証不要のため、残高を使われてしまう可能性があります。これはSuica/PASMOのリアルカードを紛失したときと同じです。

Suicaのリアルカードを紛失したら戻ってこない可能性が高いですが、iPhoneを紛失した場合は、遠隔操作でiPhoneをロックして一時的に使用停止にしたり、Apple Payに登録されているクレジットカードを削除することもできます。

Apple Payのデメリット

Apple Payのデメリットとしては以下があげられます。

  • 楽天Edy、JMB WAONなどに対応していない
  • バッテリーが切れたら使えない

Apple Payはデータ通信は必要としません(オフラインで使えます)が、バッテリー切れだと使えません。ただし、エクスプレスカードに設定したSuicaは予備バッテリーがあれば5時間ほどは使えます。

動画でも解説しています

本記事の内容は動画でも視聴できます。

質問や不明点がありましたら、このブログ下にあるコメント欄かYouTubeのコメント欄に記入してください。基本的にすべての質問にお答えします。

コメント 初めてのコメントは承認後に表示されます

タイトルとURLをコピーしました