au回線に紐づくau PAYで回線認証が必須に。回線認証のやり方を徹底解説!

au携帯電話回線に紐づくau IDでau PAYアプリを利用するには、今後回線認証が必須となります。これによりauユーザーのセキュリティが強化されます。

回線認証必須化について『auPAYの改悪』などとも言われていますが、これにより使い勝手が悪くなるのはauPAYを他社回線で使ったり、複数台のスマホで使っているごく一部のユーザーであり、大半の人にはほとんど影響はありません。むしろauユーザーにとっては回線認証により不正利用が減り、より安心してauPAYを使えるようになります。

回線認証はau回線に紐づくau IDでau PAYアプリを利用している人のみが対象です。対象者以外は何もする必要はなく、これまで通りauPAYを利用できます。

他社回線のスマホで「au回線に紐づくau ID(auの携帯番号)」でauPAYを使っている人は回線認証ができなくなり、今後他社回線スマホでは使えなくなります。しかし、回線認証は毎回やるわけではないので、SIMを差し替えたり、Bluetoothテザリング(Android端末のみ)で回線認証をしておけば、他社回線のスマホでも利用できます。そのやり方は記事後半で解説しています。

au PAYで回線認証が必須化(au電話回線利用者のみ)

KDDIはauPAYのセキュリティ強化のため、au携帯電話回線に紐づくau IDau PAYアプリを利用するには回線認証を必須とします。

au携帯電話回線とは、au・UQ mobile回線(5G対応料金プランのみ)・povo1.0を指します。au携帯電話回線を使っていない人は回線認証はできないので、何もする必要はありません。au携帯電話回線以外の人は認証なしでこれまで通りau PAYを使うことができます。

スマっ子
スマっ子

私はau歴が約30年のauユーザーです。ツーカーの時代から使っています(笑)

au回線利用者にはau PAYアプリ内に下記のお知らせが届いています。
※au回線を利用していない人にはこのメッセージは届いていません

au回線1回線を1台の端末で利用している人(大半の人が該当すると思います)は特に難しいことは何もなく、ボタンを押すだけで回線認証は完了します。

回線認証のやり方

2023年1月12にauPAYアプリに届いたお知らせの一番下にある「詳細はこちら」あるいはauPAYアプリのトップ画面(Pontaポイントの真上)に表示されている「セキュリティ対策により2月上旬より回線認証が必要です~」をタップすると回線認証の画面になります。

auPAYアプリのトップ画面。au回線利用者以外には表示されないみたいです。

au回線が入っているスマホならボタンを押すだけですぐに認証が終わります。パスワード入力もありませんでした。

認証は1回だけ行えばよいみたいなので、auPAYを使うたびに認証が求められることはなさそうです。ただ、どのタイミングで認証が求められるかは使ってみないとわかりませんね。

「認証を行う」ボタンを押すと数秒で『回線認証は完了しております』の画面に切り替わります。

認証前
認証後

これで認証は終わりです。

回線認証のやり方については下記動画(1分15秒あたり~)でも解説していますので、やり方がわからない方は参考にしてください。動画後半では「auPAYプリペイドカードの3Dセキュア対応」に関しても解説しています。

他社回線でau IDに紐づくauPAYを使っている場合の対応策

どのようなケースが考えられるか

これに該当するのはごく一部のauユーザーです。例えば「スマホを2台持ちしていて両方にauPAYを入れている」「au回線のガラホ+他社回線のスマホでauPAYを使っている」など。

私もスマホ2台にauPAYを入れています。普段はiPhoneを使っていますが、Android端末にもauPAYを入れています。理由としてはauPAYのSuicaをYouTubeで紹介したためです(auPAYのSuicaはアンドロイドスマホでしか利用できないため)。私のようにiPhoneユーザーでauPAYのSuicaを使うためにAndroid端末にも入れている人もいるのではないかと思います(チャージでPontaがたまるなどの理由で)。

  1. au回線のiPhone/Android/ガラホ + 他社回線のAndroid端末
  2. au回線のiPhone/Android/ガラホ + 他社回線のiPhone

認証するときだけ他社回線のSIMをau回線SIMに入れ替えればよいのですが、SIM入れ替えができない場合はどうなるのか…。

結論から言うとBluetoothテザリングでも認証が可能です。ただし、テザリング子機がAndroid端末の場合は回線認証ができiPhoneの場合は回線認証はできません

他社回線のiPhoneにau回線のSIMを入れることができない場合は回線認証ができないため今後auPAYは使えなくなります。今後もauPAYを使うには新規のau ID(au回線に紐づかない)を取得する方法があります。au IDは1人で複数取得が可能なので、au回線に紐づかないau IDを使えば他社回線スマホでauPAYの利用は継続できます。

※au回線に紐づかないau IDはメールアドレスがあれば取得できます。そのIDでau PAYを利用するにはau回線以外の電話番号(SMSを受信可能な)も必要です

他社回線のスマホでは回線認証できない

au電話回線を1台のスマホで利用している人はスムーズに回線認証ができますが、auPAYアプリの入ったスマホを他社など別回線で利用している人はそのままでは回線認証ができません

解決策としては、お知らせには下記のように記載されています。

aupayからのお知らせより抜粋

(2)と(3)はauPAY残高をauPAYプリペイドカードで使う方法です。auPAYアプリを引き続き利用するには「(1)au携帯電話回線でau PAYアプリをご利用いただく」しかありません。

他社回線で利用しているauPAYで回線認証するには、認証したいスマホにau回線のSIMを入れ替えるのが手っ取り早い方法ですが、「簡単にSIMを入れ替えることができない(eSIMなどの場合)」「ガラホのSIMはスマホでは使えない」などの理由でSIM入れ替えができず回線認証が困難なケースがあります。

そのような場合は、テザリングでau回線を飛ばせばよいのです。実際にこの方法で回線認証ができました(Android端末のみ)。テザリング子機(auPAYを使う端末)がiPhoneだとできません!

※WIFIテザリングではできません
※視聴者の方から子機がiPhoneではできないとの報告があり、私もiPhoneでやったらできませんでした。iPhoneの場合はテザリングではじかれるようなのでおそらく何をやってもダメだと思います

私のauPAYの利用状況(iPhoneとAndroid)

下記は私の2台のスマホです。左がau回線ありのiPhone、右がau回線なしのAndroid(Rakuten Hand/楽天回線)です。

左:au回線ありのiPhone、右:au回線なしのRakuten Hand

※同一のauIDのauPAYを複数端末に入れて利用することは問題ありません。auカスタマーでもauショップでも確認しましたが問題ないとの回答でした

下記画像左のiPhone(au回線あり)は回線認証済、右のAndroid(au回線なし)は回線認証が終わっていません。

左:au回線ありのiPhone、右:au回線なしのRakuten Hand

Androidスマホにはau回線が入っていないので(楽天回線が入っています)、認証できませんでした。

iPhoneに入っているau回線のSIMカードをAndroidに入れて認証すればよいのですが、Rakuten Hand端末はeSiMにしか対応していないため、SIMカードを入れることができません

このようにSIMカードを入れ替えることができない場合にはBluetoothテザリングにより認証をすることができます。

Bluetoothテザリングで回線認証のやり方

テザリング機能を利用するには申し込みが必要です。基本無料です(一部のプランでは有料)。対応時間内であれば申し込んで5分位で使えるようになります。下記のauサイトからできます。
>>テザリングオプション

★au回線が入っている端末の設定(親機・今回はiPhoneですがAndroidやガラホでもできます)
1.Wi-Fiにつながっている場合はWi-Fiをきってau回線に接続します

2.インターネット共有をオンにします(iPhoneの場合)
「設定」⇒「インターネット共有」で『ほかの人の接続を許可』をオンにします

3.Bluetoothをオンにします

GRATINA KYF39というガラホの場合は「設定」→「無線・ネットワーク」→「テザリング」→「Bluetoothテザリング」でできるみたいです。
参考ページGRATINA KYF39 使い方ガイド 

やり方はそれぞれの端末で異なるので各自調べてください。

★au回線が入っていないスマホの設定(子機・回線認証をするAndroidスマホ)
iPhoneではできません。

Bluetoothテザリングをするには「WiFiオフ・モバイルデータ通信オフ・Bluetoothオン」に設定しておくと確実です。

★2台の端末をペア設定する
2台のスマホのBluetooth設定を開き、ペア設定をします。

やり方は端末によって異なると思いますが、下記端末では「新しいデバイスとペア設定する」を選んで、ペアリングしたい端末を選択すると簡単にできました。

左:親機(au回線で接続したiPhone)、右:子機(WiFiとモバイル通信をオフにして、Bluetoothで親機とペアリング)

左のiPhoneのBluetoothに「Rakuten Hand(Android端末)接続済み」となっているので、Android端末にau回線でテザリングできたことになります。

この状態で回線認証をしたら、認証が無事にできました。

左:au回線ありのiPhone、右:au回線なしのRakuten Hand

一度回線認証すれば、その後は他社回線でも使えると思います。定期的に認証が求められるのかどうかはわかりません。実際にきちんと使えるかは2月の必須化開始になってみないとわかりませんね。

ちなみにテザリング親機は上記と全く同じで、子機をiPhoneにすると「回線認証のためにはWi-Fiをオフにする必要があります」と表示されて(下記画像参考)回線認証することができません…(泣)。

テザリング子機がiPhoneだとこのメッセージが表示されて認証に進めません

※2023年1月19日時点での情報です。今後はどうなるのか分かりません

回線認証で不正利用対策に!

回線認証を義務化することにより、他社回線でau回線に紐づくau PAYを使っている人にとっては使い勝手が悪くなってしまいます。ガラホでau回線を使っている人はau回線に紐づいたIDではauPAYが利用できなくなってしまう人もいるでしょう。

利用できなくなってしまう人は気の毒ですが、不便を感じる人はauユーザー全体からするとごく一部で、多くのauユーザーにとってはセキュリティがより強化されてメリットのほうが大きいのではと思います。

去年からauPAYは外国人の不正利用に頻繁に利用されており、かなりのセキュリティ強化をしていると思われますが、いまだに不正利用が続いています。最近でも下記の不正利用のニュースがありました。

レジで支払った女逮捕、一緒にいた男も…関係ない女性の「auPAY」を使っていた 夜のコンビニで(埼玉新聞) - Yahoo!ニュース
 埼玉県警サイバー犯罪対策課と蕨署などの合同捜査本部は17日、不正アクセス禁止法違反と詐欺などの疑いで、いずれも中国籍の川口市芝3丁目、無職の男(26)と東京都豊島区東池袋2丁目、専門学生の女(24

これはフィッシング詐欺という手法により、犯罪グループが不正にauPAYにログインして、そのスクリーンショットを実行犯に送り、実行犯がコンビニなどで大量のタバコを買う、、、といった手口です。

これは私の推測ですが、フィッシング詐欺被害にあうのはau回線利用者が多いのではないかと思います。フィッシング詐欺はSMSに「au携帯料金未払いがあるので至急支払ってください!」などauから送ってきたと思わせてID・パスワードを盗み取る手口です。SMSの内容は「電話料金未払い」などに関するものが多いので、au回線以外の人はフィッシング詐欺にひっかかりにくく、引っかかるのはau回線利用者が多いのではないかと。それであれば、回線認証によりau回線利用者のセキュリティを強化するのも納得がいきます。

auPAYの不正利用被害については以前に動画で解説していますので参考にしてください。

auPAYが推奨するセキュア対策をきちんと実施していればフィッシング詐欺の被害には遭わないと思うのですが、セキュリティ設定をやらない人も多いのでしょう。

今回の回線認証義務化を強制的にやることでフィッシング詐欺被害はかなり減るのではないかと思います。

上記で解説したBluetoothテザリングの方法も、au回線が近くにないとできないので、遠くの知らない人が不正にauPAYにアクセスしようとしても認証が求められてできません。

個人的には、セキュリティ強化のためauPAYのオートチャージが5万円までに制限されたのが一番不便に感じますが、不正利用がこれだけ減らないのであれば仕方ないですね。

auPAYに限ったことではありませんが、キャッシュレス決済の詐欺事件が減らない限り、「キャッシュレスは危険、信用できない…」などと言われキャッシュレス決済普及の妨げになります。

回線認証によってauPAYのセキュリティが高まり不正利用が減ることを期待します。

最後に…私のスマホの回線状況を書いておきます。

メインスマホはiPhone11pro(発売当初より3年以上使っています)で主回線がau4G、副回線がLINEMOです。auは3G回線終了ギリギリまでガラケーを使っており、3G終了間際にスマホスタートプランに切り替えました。このときガラホにすることも考えましたが、スマホスタートプランは最初の1年は月額約1,000円と安く、しかもiPhoneを0円でもらえたのでガラホにするのはやめました。

スマホスタートプランはデータ容量は3GB、5分通話無料です。あまり外でデータを使わないので3GB以内に収まることが多いですが、リスクヘッジとしてLINMOのミニプランも契約しています。
参考記事LINEMOキャンペーンでミニプランが8か月分実質無料!

LINEMOのほうがau4Gよりつながりやすいときもあり、LINEMOのほうが優れていると思うこともありますが、au回線は維持しています。ツーカーの時代から30年近く使っているので、なんとなくだらだら継続しているというのもありますが、au回線があるとauサービスにおいて様々なメリットが受けられる点も大きいです(auPAYカード×投信積立で5%還元など)。スマホスタートプランで安く維持できているので今後もしばらくはauユーザーを継続する予定です。

Androidスマホは楽天Handを所有しており、楽天モバイル回線が入ってます。楽天モバイル0円キャンペーンのときに契約して、楽天ハンド端末は無料でプレゼントされたものです。今は0円プランは終了して月1,000円位かかりますが、だらだらとそのまま契約しています。海外に行ったときにあると便利かなぁと思って契約していますが、しばらく海外に行く予定はありません…。

私はキャッシュレス決済についてYouTubeで情報発信をしているので、その際にAndroidスマホもあると便利なので今はそちらの目的で維持しているというのが大きいかもしれません。

最後は余談になりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございます!!

コメント 初めてのコメントは承認後に表示されます

  1. IDO使い より:

    まさに「au回線のガラホ+他社回線のスマホでauPAYを使っている」の運用パターンで困っていましたが、とてもわかりやすい説明で、無事回線認証をクリアすることができて助かりました。
    どうもありがとうございました(#^.^#)

    • スマっ子 スマっ子 より:

      IDO使い さま、コメントありがとうございます。無事に認証ができたとのことでよかったです!

  2. 葵ガラホ より:

     私の場合は、auガラホ(KYF39)と他社回線のAndroidスマホでした。auではLTE NETもデザリングの契約もしておらず、データ通信ができない状態でしたが、一時的に契約をして無事、回線認証ができました。参考にさせていただき、ありがとうございました。
     問題はこの先、回線認証がこの1回ですむかどうかです。その辺の情報をお持ちでしたら、また教えてください。よろしくお願いいたします。

    • スマっ子 スマっ子 より:

      葵ガラホさま、コメントありがとうございます。
      無事に回線認証ができたとのことでよかったです!
      回線認証は1回でよいという噂もありますが、真相はわかりません。新情報があればブログでお伝えしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました