楽天ペイの使い方【初心者向け】

楽天ペイの使い方 キャッシュレス決済

初心者の方向けに楽天ペイの使い方や楽天ポイントの還元率についてわかりやすく解説します。

本記事の説明内容はYouTube動画でもみれます。動画が見たい方は目次から飛んでください。

楽天ペイの始め方

1.楽天ペイアプリをダウンロード

「App Store」または「Google Play」で「楽天ペイ」と検索してアプリをダウンロードします。

2.楽天ペイアプリにログインします。
※楽天に会員登録していない場合は、会員登録(無料)します

3.電話番号を入力し、SMS認証をします

4.支払元を設定し、登録完了

画像の出典元:楽天ペイ公式サイト

登録時には支払い元にはクレジットカード、または楽天銀行口座を登録しておく必要があります(支払元はあとで変更可能です)。

決済方法(支払元)

クレジットカード

クレジットカードを登録すると、クレジットカードから直接支払いができます。楽天ペイで支払った額がカードから引き落とされます。

クレジットカード払いは楽天カードのほか、Visa、Mastercard、JCB、American Express が登録できます。

  • 楽天カード(Visa、Mastercard、JCB、American Express)
  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express

※本人認証サービス(3Dセキュア)に対応していないカードは登録できません

ポイントはクレジットカードのポイントがたまります。楽天カードの場合は1%です。

楽天銀行

楽天銀行の口座を直接紐づけて、楽天銀行口座から支払うことができます。

1%ポイント還元となります。

楽天キャッシュ

楽天ペイアプリは直接アプリに残高チャージをする仕組みにはなっておらず、「楽天キャッシュ」という楽天グループの電子マネーにチャージします。『楽天キャッシュへチャージする』というのはPayPayなどの残高にチャージするのと同じことです。

楽天キャッシュへのチャージ方法は後述しています。

楽天キャッシュは楽天ペイ以外でも楽天市場など楽天グループでの買い物にも使えます。また、手数料無料で個人間送付ができるので、家族や友人に楽天キャッシュを送ることもできます。

※楽天キャッシュへのチャージ・利用は無料ですが、出金する場合は出金額の10%の手数料がかかります。2021年5月現在は出金はできないみたいです。

楽天ポイント

楽天ペイアプリでは、楽天ポイントを1ポイント=1円として支払いに使うことができます。期間限定ポイントも使うことができます

※通常ポイントと期間限定ポイントがある場合には、期間限定ポイントから先に使われます

期間限定ポイントで支払っても1%の通常ポイントがもらえます(利用の翌日に)。

楽天キャッシュへのチャージ方法

チャージ方法は以下の4つの方法があります。

  • 楽天カード(クレジットカード)
  • 楽天銀行
  • ラクマの売上金
  • 楽天ウォレット

※クレジットカード払いは、楽天カード以外のクレジットカードも登録できますが、楽天キャッシュにチャージできるクレジットカードは楽天カードのみです。

他のスマホ決済ではコンビニATMからチャージする方法もありますが、楽天ペイではATMからのチャージはできません

どの方法からチャージしてもすべて楽天キャッシュにチャージされます。チャージする際に手数料はかかりません。

ポイントを貯めたいなら、楽天カードからチャージすると200円チャージごとに1ポイント(0.5%還元)たまります。楽天銀行やラクマからのチャージではチャージ時のポイントはたまりません。

楽天キャッシュで支払う場合には、100円につき1ポイント(1%還元)貯まります。

店舗での支払い方法

支払い方法はお店によって異なります。チェーン店などではコード払いのことが多く、小規模店舗ではQRコード払いのことが多いです。

コード払い

バーコード/QRコードをレジで提示して、お店の人に読み取ってもらいます。

バーコード/QRコードをみせるだけなので、簡単です。コンビニ、大手スーパー、外食チェーンなどはほとんどがこの方法です。

QR払い

1.「QR読み取り」を選択すると、カメラが起動します

2.お店で提示されたQRコードをカメラで読み取ります。

3.金額入力画面がでるので、お店の人に言われた金額を入力します。

4.「スライドでお支払い」を右へスライドさせると支払いが完了します!

小規模なお店ではこのような方式が多いです。

セルフ

QRコードを読み取らなくても、位置情報でスマホ上に表示されたお店を選んで、金額を入力することができます。

私はセルフは一度も使ったことありません。これは特に使う必要はないと思います。

楽天ペイで支払ったときのポイント還元率

楽天ペイ支払いで最大1.5%

★クレジットカード払い
楽天カードを使ったクレジットカード払いをした場合は、100円ごとに楽天ポイント1ポイントがたまります(1%還元)。

楽天カード以外のクレジットカード払いをした場合には、クレジットカード会社のポイントのみがたまります(楽天ポイントはたまりません)。

★楽天キャッシュ払い
楽天キャッシュで100円支払うごとに楽天ポイント1ポイントがたまります(1%還元)。楽天カードから楽天キャッシュへチャージした場合には、200円チャージごとに1ポイントたまり(0.5%還元)、さらに楽天キャッシュで100円支払うごとに1ポイントたまるので、1.5%還元になります。

なので、楽天カードを使う場合は、クレジットカード払い(1%還元)よりも楽天キャッシュ払い(1.5%還元)のほうが還元率が高くなります。

★楽天ポイント払い
100円支払うごとに楽天ポイント1ポイントがたまります(1%還元)。期間限定ポイントで支払ってもポイントがつきます!

楽天ポイントカード加盟店では還元率 最大2.5%!

楽天ポイントカード加盟店で楽天ポイントカードを提示すると、100円または200円につき1ポイントがたまります(還元率0.5~1%、還元率は加盟店により異なります)。

さらに楽天ペイで支払いをするとWでポイントがたまります

楽天ペイと楽天ポイントカード両方使えるお店

ファミリーマート、デイリーヤマザキ、サンドラッグ、ココカラファイン、ガスト、ロイヤルホスト、くら寿司、はま寿司、すき家、吉野家、リンガーハット、ビックカメラ、東急ハンズ など

楽天カードで楽天キャッシュへチャージ→ポイントカード提示→楽天ペイ支払い
1.楽天カードで楽天キャッシュにチャージ(200円につき1ポイント)還元率0.5%
2.楽天ポイントカードの提示(税抜100円につき1ポイント)還元率1%
3.楽天キャッシュを利用した楽天ペイ決済(税込100円につき1ポイント)還元率1%

最大2.5%の還元率となります。

楽天ポイントカードは楽天ペイアプリ上から提示できます。わざわざ楽天ポイントカードアプリを開く必要がないので楽です。

デイリーヤマザキで「ポイントカード提示+楽天ペイ支払い」をしている様子を動画(本記事後半)で紹介しています。

楽天ペイの使い方(動画解説&実演)

解説付きの実演動画です↓

楽天ペイの使い方【解説+実演】初心者向け(2021年最新)

YouTube『スマっ子のお得キャッシュレスCH』では、キャッシュレスやお得なことについて紹介しています。興味のある方は是非チャンネル登録お願いします。
>>チャンネル登録はこちら

まとめ

楽天ペイは楽天をよく利用する楽天ユーザーにとって特に利便性がよいスマホ決済です。私の場合、〇〇ペイのキャンペンーンがない場合のペイ決済は楽天ペイを一番よく使います。

理由としては、期間限定ポイントを使えるからです。楽天ペイを使う前は、期間限定ポイントを消費するために特に買いたくないものを楽天市場で購入することもありましたが、楽天ペイを使うようになってからはスーパーやコンビニで期間限定ポイントを消化することができるようになり、期間限定ポイントを有効利用できています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました