住信SBIネット銀行 デビットカード使い方、メリット・デメリットを徹底解説

銀行

住信SBIネット銀行のデビットカードはATMでの入出金、買い物の支払いができるのはもちろん、 Apple Payにも対応しているのでほとんどの決済がこのカード1枚で完結します。

本記事では住信SBIネット銀行デビットカードについて詳しく解説します。

住信SBIネット銀行は2007年9月にスタートし、2021年3月時点での口座数は450万口座、預金残高6兆円以上で国内のネット銀行では最多の預金残高となっています。

  • SBI証券と連携できる
  • ATM手数料や他行への振込手数料の無料回数が多い(ランクによる)
  • アプリでコンビニATMから入出金ができる(キャッシュカード不要)
  • スマート認証NEOによるセキュリティ強化
スマっ子
スマっ子

私は10年以上使っていますが、とても満足度の高い銀行です。

ネット銀行なので対面でのやり取りはできませんが、電話、チャット、問い合わせフォームなどで問い合わせを受け付けていますので特に困ることはありません。返信はすごい早いです!

本記事では住信SBIネット銀行のデビットカードについて解説していきます。

住信SBIネット銀行 デビットカード

住信SBIネット銀行のデビットカード(リアルカード)には3種類あります。いずれのカードも国内外の買い物での支払いにクレジットカード感覚で利用することができます

使ったその場で口座から即時引き落としされるので、使いすぎが心配という方も安心です。プリペイドカードのように事前にチャージしたり、ATMで現金を引き出す手間もいりません。

デビットカードのメリット
  • 口座の預金残高以上を使う心配がない(限度額設定可)
  • 現金を持ち歩かなくてよい
  • 銀行やATMに行って引き出す手間や手数料が不要
  • ポイントがたまる
  • 利用するとすぐに利用通知が届く
  • 海外ATMで現地通貨を引出せる
  • 盗難などで不正利用された場合の補償がある

▼リアルカードの券面

左から「プラチナデビットカード」「デビットカード(Mastercard)」「デビットカード(Visa)」

カード番号、有効期限、口座番号等などの表記がないナンバーレスのデザインなので、リアル店舗での買い物の際にカード情報を盗み見されるような心配がありません。
※カード番号などの情報はアプリから確認することができます

※2022年3月のカードデザインリニューアルを機に名称が「ミライノデビット」から「デビットカード」へ変更となりました

プラチナ
デビットカード
Mastercard
デビットカード
Mastercard
デビットカード
Visa
スマホデビット
Mastercard
年会費11,000円(税込)無料無料無料
発行手数料無料1,100円
2022年9月30日まで無料
1,100円
2022年9月30日まで無料
なし
リアルカードありありありなし
還元率1.0%0.8%0.6%0.8%
Apple Pay/Google Pay対応対応非対応対応
付帯サービス・ショッピング保険
・旅行傷害保険
・空港ラウンジキーサービス
・モバイル端末の保険

VisaブランドのデビットカードはApple Pay/Google Payに非対応、還元率0.6%と低いので、VISAにこだわりがなければMastercardを作るのがよいでしょう。

スマっ子
スマっ子

私はデビットカード(Mastercard)を発行しました。

スマホデビット(Mastercard)の発行方法

2022年3月30日以降、新規で口座開設すると口座開設完了後にアプリにて「スマホデビット」のカード番号が即時発行されます。ICキャッシュカードのみを持っている場合はアプリでの申込後すぐに「スマホデビット(Mastercard)」を利用できます。
>>アプリでデビットカード番号を即時発行(住信SBIネット銀行プレスリリース)

デビットカード(Mastercard)のリアルカードの発行をは一時停止中です(申し込み多数によりカード在庫が僅少となったため)。発行再開は2022年6月中の予定。

デビットカードは日本国内に居住している満15歳以上であれば作ることができます。以下の住信SBIネット銀行ウェブサイトの「口座開設/申し込み」から申し込めばOKです。
>>https://www.netbk.co.jp/contents/lineup/debitcard/

還元率/スマプロポイント

デビットカードを使うとスマプロポイントがたまります。スマプロポイントは住信SBIネット銀行が発行するポイントです。

還元率

デビットカードを利用すると月間累計1,000円ごとに「スマプロポイント」がたまります。

プラチナ
デビットカード
Mastercard
デビットカード
Mastercard
デビットカード
Visa
スマホデビット
Mastercard
還元率1.0%0.8%0.6%0.8%
スマプロポイント1,000円ごとに10P1,000円ごとに8P1,000円ごとに6P1,000円ごとに8P

多くのクレジットカードの還元率は0.5~1%程度なので、住信SBIネット銀行デビットカードの還元率はクレジットカードと比べても遜色ありません。

スマプロポイント

ためたスマプロポイントは500ポイント以上から現金またはJALのマイルに交換できます。現金に交換する場合は1ポイント1円相当、JALマイルに交換する場合は、100ポイント40マイル相当で交換できます。

ポイントの有効期限は、ポイント付与月の翌々年度3月末です(年度とは4月1日~翌年3月31日を指します)。
例)2022年1月に付与されたポイントの有効期限は2024年3月末
例)2022年4月に付与されたポイントの有効期限は2025年3月末

有効期限は2〜3年あるので、慌てて使う必要もありません。

デビットカード(Mastercard/還元率0.8%)を62,500円を使えば500ポイントがたまりますが、スマプロポイントはデビットカード以外でもためることができます。

>>スマプロポイントについて(住信SBIネット銀行公式サイト)

たとえば、定額自動入金サービスを利用すると月30ポイントがたまりますので、定額自動入金サービスを毎月利用していれば17ヶ月で500ポイントがたまります。

デビットカードの使い方

デビットカードは「代表口座円普通預金」口座から即時決済されます。そのため口座の預金残高が足りないとデビットカードで決済をすることができません

デビットカードを利用するには代表口座円普通預金への事前の入金が必要です。入金はコンビニ内に設置されている「セブン銀行ATM」や「ローソンATM」などからできます。

お店でリアルカード

お店で使う場合はクレジットカード感覚で使うことができます。

お店で支払方法を聞かれた場合は「カードで」「クレジットカードで」と伝えます。
※ 「デビットカードで」と伝えるとJ-Debitと誤認され、利用できない場合があります

支払回数を聞かれた場合は「1回で」と伝えます。

タッチ決済(コンタクトレス決済)ができるので、タッチ決済に対応しているお店ではタッチ決済で支払うと便利です。サイン・暗証番号の入力が不要で、スピーディーに決済することができます。

引用元:https://www.netbk.co.jp/contents/lineup/debitcard/support-flow/touch/

上記の説明では「Mastercard/Visaのタッチ決済で」となっていますが、「クレジットカードで」と言ったほうが伝わりやすいです。

コンビニやマクドナルドでは「クレジットカードで」や「クレジットで」と言えば伝わりますが、お店によっては「クレジットのタッチで」と言わないと伝わらない場合もあります。

コンビニやマクドナルドなどはカードを差し込むタイプもタッチ決済も同じ処理(クレジットボタン)でできるため『クレジットカードで』と言うだけでタッチ決済もできますが、ドトールコーヒーなどでタッチ決済を処理するには「クレジットカード」ボタンを押して、さらに「タッチ決済」のボタンを押すという2段階の処理が必要になるそうです。そのため『クレジットのタッチで』と伝える必要があります。郵便局ではNFCボタンで処理するので『NFC決済で』と言うのが伝わりやすいようです。

タッチ決済に対応していないお店の場合は、端末にカードを差し込みます。暗証番号を入力するよう言われた場合は4桁の暗証番号を入力します。

ICチップを上にして、カードリーダー下部の差込口に差し込みます

お店でスマホデビット(Apple Pay/Google Pay)

スマホデビットはカードがなくてもスマホがあればかざすだけでカンタンに支払いができます。

スマホデビットを使うにはiPhoneではApple Pay、AndoidではGoogle Payに登録します

スマっ子
スマっ子

私はiPhoneを使っているのでApple Payでの使い方を紹介します。

Apple Payに登録すると「iD」と「Mastercardコンタクトレス決済」が可能となり、リアルカードがなくても支払いができます

※コンタクトレス決済=タッチ決済

1.サイドボタンをダブルクリックして、Apple Payを呼び出し、デビットカードを表示させ、顔認証をして『リーダーにかざしてください』と表示される状態にする
※Touch ID搭載のiPhoneの場合はTouch IDセンサーに指を載せて指紋認証します

2.お店のレジで「クレジットカードで」または「iDで」と伝える

3.お店のリーダーにiPhoneの上部をかざします

Mastercardコンタクトレス決済」と「iD」どっちで支払う?

Mastercardコンタクトレス決済でもiDでも支払い方法は同じです。ポイント還元率も同じです。違いは「海外で使えるか」「利用明細に即時で店舗名が記載されるか」「決済音」。

iDは電子マネー扱いで、日本独自のFelicaを使っているので海外では使えませんが、コンタクトレス決済は世界標準規格なので海外でも使えます。なので海外で使う場合はMastercardコンタクトレス決済となります。

iDの場合、確定するまで利用明細に店舗名が記載されませんが、コンタクトレス決済の場合は即座に店舗名が記載されます。

Apple Pay経由でSuica・nanaocoなどにチャージ

Apple Pay経由でSuica、nanaco、WAONなどへチャージすることが可能です。

ネットショッピング

楽天市場やAmazonなどのネットショッピングで利用する際は、デビットカードの16桁の番号と有効期限、およびセキュリティコードを入力します。

本人認証サービス(3Dセキュア)に対応しているサイトやサービス(楽天ペイなど)でデビットカードを利用する際には「本人認証用パスワード」を入力します。本人認証用パスワードはデビット会員用ページの「本人認証サービス」から事前に登録しておきます。

>>本人認証パスワード設定(住信SBIネット銀行公式サイト)

海外での利用

  • MastercardまたはVisaマークのあるお店で買い物ができる
  • 海外ATMで現地通貨を引き出すことができる

住信SBIネット銀行の外貨普通預金口座(米ドル)に残高があれば、為替手数料ナシで米ドルを直接利用して支払いができます。

※米ドル以外の外貨によるショッピングまたは海外ATM利用の場合、海外事務手数料2.50%がかかります

不正利用された場合の補償

万一デビットカードが不正利用された場合でも「デビット盗難補償規定」に則り補償されます(30日以内に届け出れば1口座あたり年間100万円まで)。

実際に不正利用されて、補償されたという方のツイートがありましたので紹介します。

不正利用の対策

  • 利用通知メール/プッシュ通知をオン
  • 利用限度額を設定する
  • 円普通預金口座の残高に多額のお金をいれておかない

▼デビットカード管理画面
利用通知や限度額変更などはデビットカード管理画面で設定できます

▼利用通知
カードを利用したら届く「利用通知メール」とアプリの「プッシュ通知」をオンに設定しておけば、万一不正利用された場合でもすぐに気づくことができます。

▼限度額設定

デメリット

デビットカードが利用できない店舗があります。

■利用不可店舗
・高速道路料金
・航空機の機内販売
・コンビニエンスストアなどの店頭での公共料金や税金の支払い
・加盟店側で当社デビットカードの利用を制限している場合
・当社判断にて利用制限している加盟店の場合

参考:よくあるご質問>店頭でデビットカードが利用できませんでした。

Apple Pay利用で500ポイントもらえるキャンペーン

2022年5月9日(月)~6月30日(木)の期間中に対象支店のデビットカードを設定したApple Payで3,000円以上利用すれば500ポイントがもらえます。

※ デビット付キャッシュカード(リアルカード)やインターネット決済等、Apple Pay以外の取引きは対象外です

■対象カード
・デビットカード(Mastercard)
・プラチナデビットカード(Mastercard)
※デビットカード(Visa)は対象外

■対象支店
イチゴ支店(101)、ブドウ支店(102)、ミカン支店(103)、レモン支店(104)、リンゴ支店(105)、バナナ支店(107)、メロン支店(108)、キウイ支店(109)、イルカ支店(207)

※ 提携NEOBANK支店(ヤマダネオバンク支店・おうちバンク支店)で発行されたデビットカードおよび法人支店で発行されたデビットカードは対象外

エントリーが必要です。下記ページの一番下からエントリーできます。

デビットカード Apple Pay対応記念キャンペーン|住信SBIネット銀行
Apple Payでデビットカードを3,000円以上ご利用いただいたかたに500ポイントをプレゼント。

動画で解説&実演

本記事の内容はYouTube動画で解説しています。

1:01 住信SBIネット銀行の基本情報
2:50 住信SBIネット銀行のデビットカード基本情報
7:00 ポイント還元率/スマプロポイント
9:06 デビットカードの使い方
11:54 MastercardコンタクトレスとiDどっちで支払う?
14:15 Apple Payでチャージ/ネットショッピング/海外での利用
15:13 不正利用された場合の補償/対策
18:08 Apple Pay利用で500円もらえるキャンペーン
18:52 【スマホで実演】デビットカード発行
20:15 【スマホで実演】デビット管理画面・設定方法
23:20 【スマホで実演】Apple Payに登録
24:02 【スマホで実演】Apple Payデビットカード使い方
27:05 【スマホで実演】nanacoへチャージ
28:40 スマホデビットで支払ったときの状況説明
30:28 【スマホで実演】コンビニなどで支払っている様子

コメント

タイトルとURLをコピーしました