メルペイの始め方~使い方を徹底解説

スマホ決済(コード決済)

メルペイはメルカリアプリから簡単に始められます。コード支払いだけでなく、電子マネー「iD」も利用できるのも便利です。また、コンビニやスーパーで使えるクーポンが定期的にもらえるのもメルペイのメリットです。

本記事ではメルペイの始め方・使い方を解説します。

メルペイを使うメリット

  • メルカリの売上金を支払いに使える
  • お得なクーポンが定期的にもらえる
  • Suicaにチャージができる(iPhone)=売上金をSuicaにチャージできる

メルペイはPayPayや楽天ペイなどと同じQRコード決済/バーコード決済です。メルカリアプリがあればすぐに始めることができ、メルカリの売上金をメルペイ残高として利用することもできます

スマっ子
スマっ子

メルカリの売上金をメルペイで使えるのは便利ですね!

メルペイは定期的にお得なクーポンがたくさん配布してくれるのもメリットです。クーポンの種類はコンビニ、ドラッグストア、ダイソーなどのチェーン店で使える100円割引、200円割引、25%割引…など様々です。

メルペイのクーポンは「201円以上で200円割引」など利用しやすくてお得なものが多いので魅力的です。

メルペイが使えるお店

メルペイは下記の決済ができる店舗で使えます。一部のネットショップでも使えます。

  • iD決済
  • メルペイコード決済

※iD、メルペイコード決済のやり方は後述

コンビニやスーパーなど多くのお店で使えるので利便性はよいです。

>>メルペイの使えるお店(公式サイト)

メルペイの始め方

メルカリアプリをダウンロード

メルカリアプリを利用していない人はアプリのインストールをします。

フリマアプリはメルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済

フリマアプリはメルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

会員登録をする

アプリを起動し、画面内容に沿って会員登録を進めます。

会員登録に必要な情報はパスワード、ニックネーム、電話番号(SMS)認証など簡単な項目のみなので2、3分あればできます。

会員登録の途中で『招待コード』を入力する欄があるので、招待コードをもらっている場合は入力しましょう。招待コードがない場合は私の招待コード(TKKUQM)を使ってください。招待コードを入力すると500ポイント(500円相当)がもらえます。

招待コード

TKKUQM

本人確認をする(任意)

本人確認をしなくてもメルカリ(メルペイ)を使うことはできますが、本人確認をしていないと機能が制限されて不便なのでしておくことをおすすめします

スマっ子
スマっ子

私は会員登録してすぐに本人確認もしました!

👇本人確認はメルカリアプリから簡単にできます

アプリの一番下にある「メルペイ」を選択して、画面を下にスクロールしていくと「本人確認」があるので、そこから本人確認をします。

本人確認の方法には、「マイナンバーカード読み取り方式」と「自撮り方式」の2通りがあり、どちらでも好きはほうを選べます。

マイナンバーカード読み取り方式はスマホでマイナンバーカードを読み取るだけなので簡単です。自動り方式はスマホで本人確認書類と自分の顔を撮影します。

スマっ子
スマっ子

私は自撮り方式でやりましたが、3分程度で終わりました!

詳しいやり方は下記サイトで確認できます
>>アプリでかんたん本人確認(公式サイト)

銀行口座の登録をする(任意)

銀行口座を登録しておけば、口座からメルペイ残高へチャージができます。

しかし、残高へのチャージは「セブン銀行ATM」や「メルカリの売上金」からもできるので、銀行口座は必ず登録しなければいけないわけではありません。

銀行口座を登録したくないという方は使っていて必要になったら登録すればよいと思います。私も使っているうちに必要になって登録しました(確かキャンペーン応募のため)

>>お支払い用銀行口座の登録方法(公式サイト)

チャージ方法

メルペイを使うにはあらかじめメルペイ残高にお金をチャージ(入金)しておく必要があります。
※メルカリの売上金がある場合は売上金を残高として利用できます

チャージ方法は以下の2通りです。

  • 銀行口座からのチャージ
  • セブン銀行ATMからのチャージ

クレジットカードからのチャージはできません。

銀行口座を登録している場合にはアプリから簡単にチャージできます。

セブン銀行ATMからのチャージ方法👇

>>メルペイのチャージ方法について(公式サイト)

支払い方法

バーコード/QRコードでの支払い

コード決済には「お店が読み取る方式」と「自分が読み取る方式」の2種類があります。どちらになるかはお店によって決まっており、自分で決めることができません。

▼お店が読み取る方式
支払い時に「メルペイで!」と伝えて、アプリ上のQRコード・バーコードを提示し、お店にコードを読み取ってもらいます。

コンビニやスーパーなどの多くのお店この方式です。

▼自分が読み取る方式
小規模なお店はこの方式のことが多いです。

1.メルカリアプリを開き、メルペイ画面上部の「コード決済」をタップします
2.コード決済画面下部の「QRコード読み取り」をタップ→カメラが起動します
3.お店に設置してあるQRコードを読み取ります
4.支払い金額を入力し、「支払い金額を確認」ボタンを押します
5.確認画面を店員に見せ、金額が正しいことが確認できたら「支払う」を押します

これで支払い完了です!

>>コード決済方法について(公式サイト)

iDでの支払い

iD(アイディ)はカードやスマホをお店の端末にかざして支払うことができる電子マネーです。iD決済はスマホをお店の端末にタッチ(かざす)するだけで一瞬で支払いが終わります!

iD決済を利用するには設定が必要です。

スマっ子
スマっ子

設定は1~2分で終わります!

▼iDの設定方法
メルカリアプリの「メルペイ」タブをタップすると「iD」のマーク(iD未設定と書かれている)があるのでそこをタップして案内に従っていくと設定が完了します。

iPhoneの設定方法👇

上記の画面まできたらあとはメルペイがWalletに追加されて、メルペイでiD決済ができるようになります。

詳しい設定方法は下記公式サイトで確認できます。Androidでのやり方も載っています。
>>iD決済の設定方法(公式サイト)

▼iDでの支払い方法
支払うときには「iDで!」とお店の人に伝えて、端末にスマホをかざすだけです。

「メルペイのiDで!」などと言うとお店の人が混乱するのでiD決済をするときはメルペイという言葉は使わないほうが無難です

下記動画はタリーズコーヒーでメルペイのiD決済をしている場面です。このときは200円割引クーポンがあったのでクーポンを使っています。

モバイルSuicaにチャージする方法

メルペイをApple Payに追加していれば、メルペイ残高(メルカリの売上金)やポイントをApple PayのSuicaにチャージすることができます。

動画で解説していますので参考にしてください👇

メルペイのデメリット

  • ポイント還元がない
  • クレジットカードからの支払いができない

主要なコード決済であるPayPay、楽天ペイ、auPAY、d払いは決済することでポイント還元が受けられますが、メルペイには還元がありません。また、クレジットカードからのチャージや支払いもできないためクレジットカードのポイントを貯めることもできません。

まとめ

メルペイはメルカリアプリから始めることができて、メルカリの売上金を残高として利用できるのでメルカリ利用者にとっては気軽に利用できる決済サービスです。

コード支払いだけでなく、電子マネー「iD」も利用できるのも便利です。

決済ポイントの還元がないのは残念な点ですが、定期的にお得なクーポンが配布されるなどの楽しみがあるので、会員登録しておいて損はありません。

会員登録する際に招待コードを入力すると紹介した人と紹介された人のそれぞれに500ポイントがもらえます。私の招待コード「TKKUQM」を使っていただけると嬉しいです!

招待コード

TKKUQM

フリマアプリはメルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済

フリマアプリはメルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

コメント 初めてのコメントは承認後に表示されます

タイトルとURLをコピーしました